看護部紹介

  • kangobu-marubot-1
  • kangobu-marubot-2
  • kangobu-marubot-3

三豊総合病院がめざすもの

地域包括ケアシステムの中で地域の中核病院を担う
看護部長 森安浩子
三豊総合病院は、観音寺市・三豊市の自治体病院として、また国民健康保険診療施設として、保健・医療・福祉の包括医療・ケアシステムの展開と推進を基本理念としています。
地域包括ケアシステムとは、高齢者が住みなれた地域や家庭で安心して暮らし続けることができるよう医療・介護・予防・住まい・生活支援などのサービスを切れ目なく提供できる連携体制のことです。
三豊総合病院企業団は三豊総合病院、保健福祉総合施設「すこやか」、介護老人保健施設「わたつみ苑」からなり、急性期医療と在宅医療、予防・保健、介護・高齢者福祉をつなげて提供しています。その中で当院は、地域完結型医療の中核病院という役割を担い、地域の医療機関と連携を取りながら医療を提供しています。

地域包括

三豊総合病院の看護部がめざすこと

多様な健康段階の患者さんへの看護を担う当院では、患者さんの段階に応じた看護を提供し、それぞれの看護師が看護をつないで地域住民を支えています。

みとよ02122

私たちの行動指針

看護師自らの行動について話し合い、看護部のクレドを作成しました。

みとよ0129_2

看護はライブ!肌で感じて次につなげる

「看護はライブ!」とは、当院がめざす看護を表す言葉。
これは、患者さんがおられる空間で、その時にいた人たちが目の前の患者さんに応じた看護を創りあげることや、患者さんやご家族と心が通じ合える瞬間を大切にする看護という考えを表現したものです。
看護は、決まった援助を誰にでも同じように行うのではなく、その場の状況応じて、様々に対応を変えなければなりません。そして患者さんからの反応を即座に 感じとり、次の援助を考えることからやりがいが生まれます。そんな毎日を過ごしながら、私たちは常に新しい看護を追い求めようと考えています。

看護リフレクション

三豊の看護を深めるために
私たちは、日々の看護を形にして残していく取り組みを行い、看護の実践を積み上げて、当院ならではの看護を創るため、次のような実践をしています。

看護はライブの会

心に残る看護を語り合い、看護の意味づけや学びにつなげる会を開催  看護はライブの会>>>

看護のストーリー

看護師のストーリーを綴り、看護の姿勢や意識を醸成する機会を提供  看護のストーリー>>>

当院の看護実践を書籍化

当院の看護を刻む書籍を出版し、当院ならではの看護を明確化  看護実践を書籍化>>>

看護部ビジョン(平成25年から5年間)

自ら考え、学び、表現できる看護師を育成する

・クリニカルラダー キャリア研修(フラワー研修)
・新人教育 ・実習指導
・看護記録 ケーススタディ 看護研究
・ライブの会

考えて実践する専門職としての看護を行う

・「患者への接近」から的確な看護判断をしてケアし、反応から原因や効果を考える。
→考えて実践したケアの班のだからやりがい感につながる:看護はライブ!。
・チーム医療のキーパーソン。
→入院時のアセスメント・情報提供・依頼からチーム医療は始まる。
・医療安全
・看護の質評価

WLB(仕事と生活のバランス)の充実、「おたがいさま」の風土で、働き続けられる、働きがいのある職場環境を整える。

・人員確保、採用活動、年休取得、時間外業務削減
・夜勤体制検討、休暇時間・仮眠時間の確保

看護部の理念

地域住民に信頼される看護部を目指し、常に看護の本質を追求すると共に、患者中心の高い看護を提供する。

看護部の方針

看護職としての役割を認識し、思いやりと責任をもって看護する。
専門職としての知識と技術を磨き、的確な判断ができる看護職を育成する。
チーム医療の一員としての役割を果たし、 他部門との連携を図る。